CSR・HSE監査

労働安全衛生、環境、労働、倫理(CSR・HSE)分野の
ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)を強化


CSR・HSE分野のGRC強化の背景

・経営戦略としてグローバル規模で展開する企業が増加
・多種多様な文化を持つ新興国でのオペレーションが増加

ガバナンス強化、リスク・コンプライアンス対応を求める利害関係者の声を受け、企業活動の「見える化」が急務となってきました。
また、サプライチェーンマネジメントの一環として取引先よりCSR・HSE分野の対応を求められ、その対応レベルによって受注の可否が左右されるケースが増えてきました。


CSR・HSE監査の目的



・コンプライアンス対応
オペレーション展開国における法規則や業界行動規範の遵守は必須です。
昨今では事故や災害、温暖化の対策として、様々な法規則が強化され、罰金や罰則が科される傾向が強まっています。
コンプライアンスの重要性への理解は進んだ一方、遵守状況に関しては、企業設立経緯やM&Aなどにより、非準拠リスクが突如顕在化するケースが見られます。
日系企業の場合、各工場の独自性を尊重する傾向が強く、法規則の準拠状況の確認についても、本社ではなく各工場所在国のマネジメントに任せるケースが大半を占めます。
しかしながら、各国の法規則を社内で監視・把握し、オペレーションへの影響を評価し、さらに運用状況を確認するのは至難の技です。そのソリューションとして、法規則モニタリングを専門の第三者機関に委託し、最新情報をタイムリーに得ることで効果的運用が可能となります。

・リスク対応
事故・災害リスク、法規則や業界行動規範への非準拠リスク、罰金・罰則が課されるリスク、さらに企業の評判・信用に関するリスクを最小限にし、顕在化に備えるために取り組む企業が増えてきました。
特にブランド力が高い企業は、信用に傷がつかないよう常にリスク管理に細心の注意を払い、事後ではなく事前の対策をとり、起こりうる事象を最小限にしています。

・ガバナンス強化(サプライチェーンのCSR行動規範監査・GAP分析)
グローバルでオペレーションを展開する上で、サプライチェーンをCSR・HSE要求事項に基づき評価することは、企業の持続可能性を維持する上で不可欠です。
取引先評価は年々強化される傾向にあり、アンケートにとどまらず第二者監査を実施する企業が増えています。第二者監査の重複を避けるため、EICCやSEDEX第三者監査を要求されるケースも増えてきました。
ビューローベリタスはその対策として、EICCやSEDEXの要求事項を参考にして独自開発した評価基準による健康診断を実施しています。
取引先から急遽、監査を要求された場合、各工場の対応負荷が重くなりがちです。そのため事前に健康診断を実施して課題を特定し、本社・本部が手順や方針を決定し、工場でトレーニングや運用を徹底しておくことで、急な要請を受けても効果的な対応が可能となります。


CSR・HSE監査〜ビューローベリタスのソリューション

課題 対策 ビューローベリタス
のサービス
・グローバルで環境・安全リスクを把握・管理したい
・社内の人的リソースでは法律の把握などに対応できない
・運用上のリスクと課題を把握し、アクションをとる
・対象国の法律を理解する専門家が対応
HSE監査(Health, Safety and Environment Audit)
・遵法状況の評価を定期的に漏れなく実施の上、消費者・本社に報告したい
・社内の確認では透明性が低い
・最新版の法律への遵守状況の確認 遵法監査(Legal Compliance Audit)
・環境やOHSASなども含めた統合的アプローチを行いたい ・マネジメントシステム運用の継続と改善 環境(ISO14001)
労働安全監査(OHSAS18001)
・マネジメントシステム審査では見えづらい、安全行動にフォーカス ・安全行動にフォーカスすることで結果を改善できる 安全行動監視監査(Safety Behavior Audit)
・サプライヤーの環境・安全状況の確認を効率よく行いたい
・幅広い領域の知識を必要とし、社内リソース育成にコストがかかる

・対象範囲が広い取引先の確認し、リスクを低減
・対象国にその国の審査員を配置することでコストを最適化

取引先環境安全監査(Supplier Audit)


CSR・HSE監査〜サービスの流れ




CSR・HSE監査〜ビューローベリタスがお届けするベネフィット

ブランドイメージや品質レベルの統一、維持、標準化を実現
・遵法体制を強化
・サプライヤー評価手法を確立、強化
・外部専門機関を監査リソースとして活用することで社内コストを最適化
・業容にあわせた流動的活用によりトータルコストを低減
・効率の良い海外対応を実現


CSR・HSE監査〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

TEL:045-651-4785

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤーをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

規格解説−紛争鉱物規制および関連監査の現状について


事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス