「日立グループ環境報告書2010」の第三者レビュー

2011/8/24up

日立 ロゴ
お客様からのコメント
『我々の環境パフォーマンスデータについて、第三者という独立した立場から客観的で詳細なレビューを受けたことにより、「持続可能な事業活動の推進に対する日立グループの取り組みを実証する」という目標に到達することができました。』

株式会社日立製作所 地球環境戦略室
環境企画センタ センタ長 平野 学 様


クライアント:株式会社日立製作所および日立グループ

http://www.hitachi.co.jp/
・国内外1,058社で構成される企業集団
・事業内容:全11部門
 (情報・通信システム、電力システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、
  オートモーティブシステム、コンポーネント・デバイス、デジタルメディア・民生機器、金融サービス、その他)
・従業員数:約36万人
・売上高:約9兆円


ビジネスチャレンジ

ステークホルダーに向けて、「地球温暖化の防止」、「資源の循環的な利用」、「生態系の保全」に向けた取り組みを第三者として保証する
日立グループは、気候変動や資源枯渇、生態系破壊など世界規模で深刻化する地球環境問題に対処し、持続可能な社会の実現をめざして環境経営を推進しています。「地球温暖化の防止」「資源の循環的な利用」「生態系の保全」を柱とする「環境ビジョン」を掲げ、環境保全に資する製品・サービスの提供、環境負荷の低減に努める事業活動をグローバルに展開しています。
環境報告書で開示される環境関連データの信頼性を向上させることを目的とし、ビューローベリタスがデータの第三者検証機関として選択されました。
日立グループ 環境ビジョン

ソリューション

第三者として環境パフォーマンスデータの分析とレビューを実施
ビューローベリタスは、環境報告書に記載される環境関連データのうち、要請を受けたものについてレビューを実施しました。データの収集において参照している規格、ガイドラインおよび算定方法などは、日立グループのウェブサイトで公開されています。
レビューでは、日立製品の使用に伴うCO2の排出抑制貢献量に焦点が当てられ、「地球温暖化防止への貢献」という観点から競合他社との差別化が図られています。

ビューローベリタスは、日立グループの製品と活動がグローバル規模で多岐にわたることに鑑み、二酸化炭素排出量の算出方法および方法論を検証する上で、日立の活動を段階的にレビューするアプローチを提案しました。このアプローチは目標に達するまで拡大される予定です。


企業にとってのメリット

ステークホルダーとのより良いコミュニケーション
今回の第三者レビューは、日立グループ環境報告書のデータの信頼性を向上させ、地球温暖化防止や生態系の保全などに向けた日立グループのグローバルな取り組みに対するステークホルダーの認識を肯定的なものとする上で、重要な役割を果たしました。さらに、競合他社に対する優位性を築くための一要素とも言えるでしょう。

またこのレビューによって、日立グループはより明確に推計する手法を定めることが可能となりました。ビューローベリタスとの長期的なパートナーシップを通じて、グループの環境マネジメントシステムの高い品質と継続的な改善がより確実なものとなっていくことが期待されます。


お問い合わせ

当ケーススタディに関するご質問がありましたら、下記担当者までご連絡下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 地球環境部 坂口
TEL:045-651-4785  FAX:045-641-4330
E-mail: scssales.yok***jp.bureauveritas.com (メール送信の際は、***を@に打ち替えて下さい)


・当ケーススタディの印刷版はこちら(PDF)
・Bureau Veritas Group ホームページ掲載の英文記事はこちら
・レポート検証(CSRレポート検証等の環境・CSR関連サービス) 業務ご案内はこちら

 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス