CERT IDトレースバック認定


CERT IDトレースバック認定(CERT ID TRACE BACK認定):生産履歴認定

CERT IDトレースバック認定 | ビューローベリタス CERT IDトレースバック認定は、「トレーサビリティ認定」であり、食肉や水産物等の生産履歴を体系的に検証し、認定するものです。2005年より提供が開始され、現在北米産牛肉・豚肉や豪州産牛肉などに認定が提供されています。特に大規模生産が行われる米国の食肉生産に対する日本の消費者の「素性・生産管理」に対する不安に対して、生産履歴やと畜場での処理内容などを実地にて検査し、トレーサビリティシステムの実効性を認定しています。CERT IDトレースバック認定により認定された食肉は、すでに国内で広く提供されています。

この認定プログラムにおいては、現場での実地検査は非常に重要です。実地検査については、JAS認定において経験豊富な検査員が実地検査を担当します。

認定の構成について
トレースバック生産履歴認定とは、どのような内容の認定なのですか?
トレースバック生産履歴認定は、誰がどのように認定するのですか?
日本の生産情報公表JASと、同じ点と異なる点は何ですか?
米国では、牛肉や豚肉の生産に関する管理基準はありますか?
トレースバック生産履歴認定では、実地検査は実施されるのですか?
 
生産履歴の遡及性(さかのぼって追跡すること)の確保
北米の大規模畜産業で、繁殖や育成内容(履歴)がきちんと保持され、確認できるのですか?
牛や豚の出生まで、どのようにして履歴が遡って追跡できるのですか?
実地検査は、きちんと実施されるのですか?
生産履歴に関して、どのような内容が検証されるのですか?
海外食肉処理場から出荷後、日本国内に輸入されてからも、履歴は追跡できるのですか?
 
日本の消費者の不安と感じる事項への対応
報道では、米国では基準があってもきちんと基準を守って生産が実行されているか不安が残るという指摘もありましたが、本当に大丈夫なのですか?
米国等での実地検査は、誰が行うのですか?十分な経験と信頼性はあるのですか?
飼料に肉骨粉が含まれないかなどの確認も行うのですか?
牛肉で特定危険部位が確実に除去されているか不安です。この認定では特定危険部位の除去に関する検証も行うのですか?
米国では、月齢20カ月以内の牛しか日本向けに輸出できない事となっていますが、一方で牛の誕生がおおまかにしか管理されていないと聞きます。本当に大丈夫なのですか?
もし何らかの事故などの情報があった場合、どのように対応するのですか?
購入した食肉に不安がある場合、御社に照会すれば不安に対しての調査を行ってくれるのですか?


CERT IDトレースバック認定〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 サステナビリティ認証部 JAS認証グループ
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
cersus.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4770 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

TEL:045-651-4770

お問い合わせフォーム

 

有機JAS認定かんたん見積り

ISO認証等のお見積り依頼

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤー

 

JAS講習会開催予定一覧

セミナー・トレーニング開催予定一覧

 

事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス