Airport Carbon Accreditation

〜Airport Carbon Accreditation(ACA)とは?

  • 空港におけるGHG排出量をカーボンニュートラル(実質的な排出量ゼロ)にすることを最終目標として、GHG排出量の計測・報告・削減する共通の枠組みを提供するプログラムです。現在、国際的に認められた唯一の空港に関するカーボンマネジメント認証規格でもあります。
  • 自らの直接的な取組みを通じ、空港におけるGHG排出量の削減努力を評価、定量化します。適切なマネジメントプロセスで運用されることを確実なものにし、その結果としての排出削減量を定量的に把握、その達成度を測れるよう独自の設計がなされています。
  • ACAは、欧州民間航空会議(ECAC)、ユーロコントロール(欧州航空航法安全機構)から正式に承認され、国際民間航空機関(ICAO)や国連環境プログラム(UNEP)の支援を受けています。2013年2月に開催されたICAOの航空環境保護委員会(CAEP)第9回目の会合の場で、ACAが適用可能な地域において、空港がACA認証を受けることを推奨しています。

4つの認証レベル

- 難度に応じて4つの認証レベルが用意

Level 1 マッピング(Mapping)
GHG排出量の算定。
このレベルの認定を取得するには、以下が必要。
・ 算定範囲の決定
・ 算定範囲内のScope1(燃料の燃焼等による排出)、および、Scope2(電気や熱の利用による排出)排出活動
 の特定(GHGプロトコルに基づく)
・ ISO14064-1に従ったGHG排出量算定報告書の作成
Level 2 削減(Reduction)
カーボンマネジメントとGHG排出量の削減と進捗管理。
このレベルの認定を取得するには、以下が必要。
・ 「Mapping」(Level1)のすべての要求事項の実施
・ 目標設定を含む効果的なカーボンマネジメントの実施とGHG排出量の削減
Level 3 最適化(Optimisation)
航空会社や様々なサービスプロバイダー(例、空港のグランドハンドリング業者、ケータリング企業、航空貨物業者、空港におけるその他の業務を行う企業)を含めたGHG排出の実施。
このレベルの認定を取得するには、以下が必要。
・ 「Mapping」(Level1)および「Reduction」(Level2)のすべての要求事項の実施
・ GHG排出量の算定範囲の拡大(従来のScope1、Scope2に加え、Scope3を含める)

Scope3排出の例:
  • 離着陸時の排出
  • 乗客・スタッフの空港までの輸送
  • スタッフの出張に伴う排出
  • その他空港が選択したその他のScope3排出
・ 航空会社や様々なサービスプロバイダーの関与によるGHG排出量の削減
Level 3+ ニュートラル(Neutrality)
GHG排出量(直接排出)のカーボンクレジットによるオフセット。
このレベルの認定を取得するには、以下が必要。
・「 Mapping」(Level1)、「Reduction」(Level2)および「Optimisation」(Level3)のすべての要求事項の実施
・ 国際的に認められたクレジット(※)による、空港が管理可能な直接排出(Scope1)および間接排出(Scope2)の
 カーボンニュートラル化     
※使用できるクレジットは、国際的にも認められたものである必要あり

※各レベルとも、ACA認定の要求事項に従っていることを保証するための、第三者機関による検証が必要

認証取得のメリット

空港のGHG排出量削減への取組みのベストプラクティスとして公に認知されることとなります。
各認証レベルでは、空港運営会社とそのステークホルダーからは、さらなる上のレベルへのレベルアップを期待されることになります。

主な短期的なメリット:

  • 他空港との差別化、イメージの向上、地域との関係性の強化
  • 規制や訴訟リスクの低減
  • GHG排出量に係る課題に関して、空港職員および部門・部署間での対話の促進

主な長期的なメリット:

  • 各レベルの認定における要求事項を満たすことで、GHG排出源の特定、排出削減のための優先的取組み事項(領域)の明確化が可能
  • 設備の運用効率の向上やコスト削減
  • ステークホルダーとの協働的な取組みを行うことにより、より戦略的なカーボンマネジメントの実践が可能
  • カーボンマネジメントのベストプラクティスに関する知識の共有の促進

認証取得手順

認証取得手順

認証取得実績(地域別)


  Europe ASIA-PACIFIC North America Africa Latain America
&
Caribbean
Level 1 30 9 9 6 4
Level 2 36 12 8 2 2
Level 3 23 10 4 0 0
Level 3+ 27 5 1 1 0

(“Airport Carbon Accreditation Annual Report 2016-2017”より)

お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

 

TEL:045-651-4785

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤーをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

「CDP 気候変動レポート 2015: 日本版」が公表


事例紹介(認証取得事例)

 

建築認証事業本部 CASBEE評価認証業務