J-クレジット制度

プロジェクト計画の妥当性を確認/モニタリング報告書の検証を実施


ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部は、2013年4月より運営が開始されたJ-クレジット制度の登録審査機関です。
ビューローベリタスは第三者として、エネルギー(EN)、工業プロセス(IN)、農業(AG)、及び廃棄物(WA)の各分野において、
・承認された方法論に則って申請者が策定したプロジェクト計画の妥当性を確認
・(制度事務局に登録された)プロジェクトの実施状況を報告するモニタリング報告書の検証を行います。


J-クレジット制度とは?

J-クレジット制度は、温室効果ガス排出量の削減を目的に、省エネ設備の導入を通じて削減された量や、植林事業を通じて増加した吸収量などをクレジットとして、国(経済産業省、環境省、農林水産省)が認証する制度です。
これまでは国内クレジット制度オフセット・クレジット(J-VER)制度の2つが併存していましたが、両制度ともに2013年3月限りで新規受付を終了し、それらを発展的に統合した制度として2013年4月にJ-クレジット制度が誕生しました。
同制度で認証されたクレジットは、企業などが温室効果ガス排出量削減目標を達成するために購入したり、自らが削減できない分を他で削減された分として埋め合わせ(オフセット)するために利用することが可能です。
詳細はJ-クレジット制度ウェブサイトをご覧下さい。

J-クレジット制度 | 登録審査機関 ビューローベリタス


J-クレジット制度〜参加のメリット

プロジェクト参加者
・制度を通じた温室効果ガス排出量の削減、省エネルギーの実現
・クレジット売却益
・地球温暖化対策の取り組みをアピール
クレジット活用者
・低炭素社会実行計画の目標設定に利用
・地球温暖化対策の取り組みをアピール
・地球温暖化対策推進法の定期報告において、「調整後温室効果ガス排出量」を報告


J-クレジット制度〜認証プロセス:プロジェクトの計画からクレジット発行までの流れ

J-クレジット創出を希望する事業者は、まず方法論に基づいて「プロジェクト計画書」を策定します。
事務局承認後、モニタリング結果から排出削減量または吸収増大量を算定した「モニタリング報告書」を作成します。
事務局から承認を得るとクレジットが発行されます。
創出されたクレジットには価格がつくため、プロジェクト計画書、モニタリング報告書は事務局に提出する前に、登録審査機関による妥当性確認・検証を受ける必要があります。
審査機関は、方法論の適用条件を満たしたプロジェクト計画になっているか、方法論に則ったモニタリングを行い(妥当性確認)、排出削減・吸収増大量が正しく算定されているかを確認(検証)します。

J-クレジット制度 | 登録審査機関 ビューローベリタス
(「認証プロセス」画像の出典:J-クレジット制度ウェブサイト「認証プロセス」)


J-クレジット制度登録審査機関〜ビューローベリタスが選ばれる理由

従来制度に基づく審査実績多数、その経験と専門知識を活用し、皆様の取り組みをサポートします。

従来制度の審査実績(2013年9月末現在)
国内クレジット制度 J-VER制度
計画審査:67件 妥当性確認:3件
実績確認:118件 検証:9件


J-クレジット制度〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

*GHG(温室効果ガス排出量検証)・省エネ・CSR ご案内TOP

 

TEL:045-651-4785

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤーをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス