ISO22000

食品安全マネジメントシステム認証〜生産地から食卓まで食品の安全性を高める

ビューローベリタスは食品安全に関わる認証実績で国内トップクラス

ISO22000 | ISO認証機関 ビューローベリタス
食品安全は、消費者が食品を消費する時点でその中に内在する危害と関連しています。食品安全危害は、流通のどの過程においても起こりうる可能性があるため、サプライチェーンを通じて十分な管理が最重要課題です。それゆえ食品安全は、サプライチェーンの組織に結集された努力を通じて確実にされる必要があります。特に、世界有数の食品輸入大国である日本では、食品安全に関わるリスクは国内だけに留める事は出来ません。
食品安全に関して多くの基準が設定されています。しかし特定の会社基準や法規制、および小売業者のための多くの基準の中から、適切に選び運用することは非常に困難です。また同時に、世界各国で食品安全に対する関心が高まる中、食品サプライチェーンに関わるすべての関係者にとって、食品の安全は、重要な課題の一つとなってきました。


ISO22000とは〜ソリューション

ISO22000は食品安全衛生を認証する世界で最初の世界標準規格であり、マネジメントシステムと危害管理の双方を適用範囲とするものです。


ISO22000認証取得〜組織にとってのメリット

消費者および取引先からの信頼
  安全安心を確保できる品質管理体制の確立により、食品安全に消費者や取引先からの信頼を得る
企業のイメージアップ
  企業の社会的責任(CSR)の一環としての取り組みをアピールすることで、企業イメージが向上する
製品に対する一貫した管理方法の確立
サプライチェーンにおけるコミュニケーションの円滑化
  サプライチェーン全般を通じマネジメントシステムを統一化することで、取引企業間における危機管理コミュニケーションが円滑化し関係が向上する
取引先からの食品安全性に関する要求をカバー
組織の食品安全管理のレベル向上
  企業の管理レベルを向上させ、経営体質の強化と効率化をはかる
従業員の食品安全に関する意識の向上
リスクマネジメント
コスト削減
  責任、義務、品質、安全、衛生に対する従業員の意識の向上をはかることにより、危害を低減、不良率を下げコストを削減できる


ISO22000認証〜対象組織

対象組織には、下記の組織などが挙げられます。
・フードサプライチェーンに属する組織
  飼料生産者、一次食品生産者、食品製造業者、輸送業者、保管業者、小売販売業者、食品サービス業者
・間接的な組織
 設備、包装材料、洗浄剤、添加物、原料製造などの業者
・サービス提供業者
 ケータリング、給食、給食チェーン、レストラン、旅館、ホテルなど


ISO22000認証機関〜ビューローベリタスが選ばれる理由

・ネットワーク
 140ヶ国の拠点のうち、100ヶ国で事業展開、ビューローベリタス各国が持つノウハウを共有
 お客様が展開する国内外の事業ネットワークをカバー
・認証実績
 100,000社の企業に対する認証実績
・高い専門性
 5,700人の専門訓練を受け審査経験の豊富な審査員
・国際的評価
 ISO22000の策定に際して当初より技術委員会をリードし、ISO22000の認証サービスの提供に
 関して、DANAK(デンマークの認定機関)より世界で最初に認定を受けました。
 現在は、UKAS(英国)の認定を受けるとともに、JAB(日本)の認定も取得しています。
 (主要認定範囲一覧はこちら)
・ワンストップ審査
 各規格の審査の一貫性、最適化、効率化を実現


ISO22000認証取得までの流れ

クリックするとより詳しくご覧頂けます
審査プロセスは以下の通りです。
・お問い合わせ
・ご相談
・お見積提出
・ご契約
・予備審査(オプション)
・初期審査(第1段階審査)
・本審査(第2段階審査)
・認証書発行
・維持審査:継続的改善確認のための定期審査
・再認証審査:3年後の再認証
経験豊富な営業担当が、多種多様のご要望に応じた
ご提案をさせていただきます。


ISO認証取得の流れ(ISO認証取得決定〜再認証審査まで)
 こちらでは、ISO認証取得決定から再認証審査までの流れをより詳しくご確認頂けます。
・契約・認証内容変更届
 お客様専用ページにてログインし、ダウンロード頂きますようお願い申し上げます。


ISO22000認証に関してよくある質問

Q: ISO22000は何がカバーされますか。
A: ・双方向コミュニケーション:規格は、組織が必要としている事柄や要求事項に対しての差異を
 重要な利害関係者に対して、積極的なコミュニケーションを行うことを要求しています。
・システム管理:ISO22000はISO9001をベースとし食品安全を効果的に実行できるように構築されました。
 ISO22000は、その他のマネジメントシステムと同様に構築され、今後更新される際でも同様の
 枠組の中で行われます。
・危害管理:効果的に運用されているマネジメントシステムは、最終生産物(またはフードチェーンに
 おける次段階に提供される)で、食物安全上の問題点を容認できる水準に制御できます。
Q: 既にISO9001の認証を取得していますが、ISO22000と切替える必要がありますか。
A: ・いいえ。ISO22000は単独の規格ではなく、ISO9001を補完する規格と考えられます。
・ISO9001は、ISO22000にてカバーされない適用領域(営業、マーケティング、人事、開発、購買、
 および財務など)などの組織的な品質をカバーしています。ISO9001とISO22000を統合することにより、
 質の高い食品製造及び食品サプライにおいて結果を提供できます。
・ISO22000は食品安全にかかわる規格で、食料生産における厳しい要求事項に焦点を当てており、
 小売業者などを選定する際の指標として利用されます。


ISO22000認証〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

TEL:045-651-4785

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤーをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

「食品安全をパートナーシップで確保」が食品機械装置12月号に掲載(社員執筆記事)


米国食品安全強化法の概要(連載第4回)


事例紹介(認証取得事例)

 

ビューローベリタスの食品の分析・試験サービス