ISO22301(BCMS)

事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証
〜事業中断による影響を最小化し、復旧力を強化します


ISO22301(BCMS) | ISO認証機関 ビューローベリタス
現在、組織は首都直下型地震からテロ、あるいは新型インフルエンザまでの様々な災害リスクにさらされており、これらへの事前対応として事業継続マネジメントシステム(以下BCMS)への取り組みが求められています。
また、BCMSへの取り組みは組織の社会的責任の一つとしてもますます重要となってきており、企業に対する格付にも反映されています。
BCMSへの取り組みは、企業の復旧力・対応力を向上させ、結果として様々なコスト削減やビジネスプロセスの再構築を可能とするとともに、同時に組織のレピュテーション(評判)やブランドを保護し、競争優位性を確保します。


ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証とは〜ソリューション

ISO22301は世界で広く普及しているBCI(事業継続協会)が開発した事業継続に関するガイドラインをベースに発展し、最終的にISOとして発行された規格です。また、本規格は初めてISOの共通テキストが採用された認証用規格であり、今後のマネジメントシステムのあり方を提供しています。
BCMSでは、ビジネスインパクト分析やリスクアセスメントによって、「重要な製品とサービスを特定」、「それらをサポートする重要な活動とリソースを識別」、「それらリソースへの脅威を認識し適切なリスク処置を選択」するという事業プロセスへのアプローチが重要になります。


ISO22301(BCMS) | ISO認証機関 ビューローベリタス

マネジメントシステム規格の整合化・共通化の流れにより規格の構成はMSS共通テキストを踏まえた10章立ての構成になっており、適用範囲、引用規格、用語及び定義を除いた要求事項本体の4〜10章は次のように構成されています。
4章/組織の状況
組織に適用されるBCMSの適用範囲を決定する為に、組織とその取り巻く状況や利害関係者のニーズを把握します。また組織に係わる法規制に対応することが要求されています。
5章/リーダーシップ
事業継続方針、責任及び権限、BCMSにおけるトップマネジメントのコミットメントに関わることが記載され、これらを実施することでリーダーシップを実証するよう求められています。
6章/計画
組織を取り巻くリスクと機会に対する処置や計画を策定し、併せて事業継続の目的とそれを達成するための計画を作ります。
7章/支援
BCMSに関わる人員の力量の保持や認識を促し、文書化した情報を適切に管理することでBCMSの運用を支援します。組織内のみならず外部の利害関係者とのコミュニケーションに関して事前に決めておくことが求められています。
8章/運用
規格の中核となる部分であり、事業影響度分析とリストアセスメントを行います。これにより優先活動を保護する事業継続戦略を決定します。これを受け業務の中断・阻害を引き起こすインシデントに対応するための体制を確立し、事業継続計画(BCP)を策定します。BCMの取り組みは計画して終わりでなく、演習と試験を通して事業継続手順が目的に合致していることを確実にしていきます。
9章/パフォーマンス評価
BCMSのパフォーマンスの監視や有効性を評価します。監視・測定のみならず分析・評価する必要があります。内部監査とマネジメントレビューを通して組織のBCMSの継続的改善へとつなげていきます。
10章/改善
BCMSの不適合を特定し、是正処置を行います。継続的改善を実施していきます。


ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証取得〜組織にとってのメリット

ISOO22301への取り組みにより事故から大規模な災害まで、経営環境における様々なリスクを明確にし、事業中断による影響を特定し、対応力や復旧力を強化することができます。
組織の競争優位性を確保するとともに、様々な利害関係者への説明責任を果たすことが出来ます。
事業プロセスの中で、優先的な投資領域を決定することが出来、結果として部分最適化ではなく、全体最適化を実現できます。


ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証機関〜ビューローベリタスが選ばれる理由

ネットワーク
140ヶ国の拠点のうち、100ヶ国で事業展開、ビューローベリタス各国が持つノウハウを共有
お客様が展開する国内外の事業ネットワークをカバー
認証実績
100,000社の企業に対する認証実績
高い専門性
5,700人の専門訓練を受け審査経験の豊富な審査員
国際的評価
国内外の50の認定機関から認定を取得
ワンストップ審査
各規格の審査の一貫性、最適化、効率化を実現


ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)
認証取得までの流れ

クリックするとより詳しくご覧頂けます
審査プロセスは以下の通りです。
・お問い合わせ
・ご相談
・お見積書提出
・ご契約
・予備審査(オプション)
・初期審査(第1段階審査)
・本審査(第2段階審査)
・認証書発行
・維持審査:継続的改善確認のための定期審査
・再認証審査:3年後の再認証

経験豊富な営業担当が、多種多様のご要望に応じた
ご提案をさせて頂きます。

ISO認証取得の流れ
 (ISO認証取得決定〜再認証審査)

 こちらでは、ISO認証取得決定から再認証審査
 までの流れをより詳しく
ご確認頂けます。
・契約・認証内容変更届
 お客様専用ページにてログインし、ダウンロード
 頂きますようお願い申し上げます。


ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証に関してよくある質問

Q: BCMは従来の地震に代表される防災対応とはどのように違うのでしょうか。
A: 事業継続マネジメントの概念は、全体の中にもちろん防災対応を含みますがそれだけではありません。BCMとは、組織を取り巻く潜在的な脅威が現実化した際の影響を特定し、事業中断を引き起こす可能性のある要素に対して予防的に対応し、事業プロセスを再構築していくマネジメントアプローチそのものです。防災の概念は特定のリスクを想定した対応計画が主流ですが、それらとは一線を画します。BCMではリスクの種類は問わないことには注意が必要です。
Q: どの様にすれば効果的な事業継続マネジメントの仕組が構築できますか。
A: 組織に既に存在する様々なマネジメントシステムや実務プロセスとの統合・融合を常に意識することです。例えば他のマネジメントシステム規格(ISO27001等)で既に要求されるBCP、あるいは総務や広報には危機管理対応計画やリスクコミュニケーションの規定、従来の地震防災対応の計画等、様々な既存の仕組み、プロセス、計画等を有効に活用することが重要です。


ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証〜お問い合わせ

〒231-0023 横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

TEL:045-651-4785

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤーをダウンロード

 

「事業継続マネジメントシステム(BCMS)の最新動向と対応事例」セミナー


開催予定一覧はこちら

 

日本アエロジル株式会社にISO22301(事業継続マネジメントシステム)の認証を実施


ISO22301 UKASでも認証が可能に


事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス