JAS認証 登録認証機関の権限

JAS法に基づく第三者機関としての権限

  1. 登録認証機関は、申請者が認証対象となる当該農林物資の日本農林規格及び認証の技術的基準に適合していることを審査、調査により確認した場合に認証を行うことができます。
  2. 登録認証機関は、認証事業者が行う格付に関する業務が適切に行われているかどうかを確認し、格付の表示などについて遵守されているかどうかを確認するために必要があるときは、認証事業者に対しその業務に関し必要な報告を求め、又は認証に係る工場・ほ場・事務所・事業所・倉庫その他の場所に立ち入り、格付若しくは格付の表示・農林物資に係る広告若しくは表示・農林物資・その原料帳簿・書類その他の物件を検査することができます。
  3. 登録認証機関は、認証事業者が違反事項について報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、必要な検査を拒み、妨げ、若しくは忌避したときは、その認証を取り消し又は当該認証事業者に対し、格付に関する業務及び格付の表示の付してある農林物資の出荷を停止することを請求することができます。
  4. 登録認証機関は、認証事業者が上記3の規定による請求に応じないときは、その認証を取り消すことができます。
  5. 認証事業者の氏名又は名称及び住所、認証に係る農林物資の種類、認証に係る工場・ほ場若しくは事業所の名称及び所在地又は流通行程並びに当該流通行程における生産業者等の氏名若しくは名称及び住所並びに認証の年月日、上記3の規定による請求をしたとき又はその認証を取り消したときは当該請求又は取消しの年月日及び当該請求又は取消しをした理由並びに格付に関する業務を廃止したときは当該廃止の年月日を公表することができます。
  6. 申請者が罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から1年を経過していない場合は申請を拒否することができます。また、認証を取り消され、その取り消しの日から1年を経過しない者が申請を行った場合、認証の取り消しの日前30日以内にその代表者、役員、認証業務を行う管理者が申請を行った場合も同様に申請を拒否することができます。
  7. 登録認証機関は認証事業者に係る認証事項が認証の技術的基準に適合しなくなったとき及び違反が確認されたときは、適合するための必要な措置又は格付に関する必要な措置、広告もしくは表示をやめるべきことを請求することができます。
  8. 登録認証機関は次のいづれかの事項に該当するときは、認証を取り消すことができます。
    (1)認証事項が認証の技術的基準に適合しなくなった場合であって、適合することが見込まれないとき。
    (2)違反行為が認証事業者の故意又は重大な過失によるとき。
    (3)正当な理由がないままに検査を拒み、妨げ、もしくは忌避したことを請求したとき。
    (4)正当な理由がなくて登録認証機関の請求に応じないとき。

JAS認証 登録認証機関の権限〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 サステナビリティ認証部 JAS認証グループ
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
cersus.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4770 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

 

TEL:045-651-4770

お問い合わせフォーム

 

ISO認証等のお見積り依頼

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

JAS認証書式

パンフレット・フライヤー

 

JAS講習会開催予定一覧

セミナー・トレーニング開催予定一覧

 

事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス