JAS認定 年次調査(年次監査)の手順

認定継続意志確認から年次監査判定結果通知まで


1.年次調査(年次監査)のご案内

新規認定取得後、2年目からは最低年に1度、登録認定機関による年次調査(年次監査)を受けなければなりません。

1−1 認定継続意志確認書のご送付
新規認定日からおおよそ9ヶ月後に、次年度のJAS認定の継続についてご案内します。
認定継続意志確認書と、更新に掛かる費用のお見積り書をFAXでお送りします。
認定継続意志確認書に必要事項を記入の上、弊社宛にFAXでご返信をお願いします。

1−2 申請の受理と認定手数料の支払い
弊社にて認定継続意志確認書を受領した後、請求書をお送りします。
認定に掛かる手数料のお支払いが確認された段階で、実地監査の準備に入ります。


2.年次調査(年次監査)の実施

2−1 年次調査(年次監査)の準備
年次調査については、事前に担当検査員より申請者にご連絡を差し上げ、ご相談の上、実施日時を決定します。
実施日時の決定後、当日のスケジュールと予めに準備頂く書類等を示した「実地検査計画書」をお送りします。

2−2 年次調査(年次監査)の実施
年次調査は、申請者と検査員の合意のもとで行われ、申請対象となる圃場、製造施設等への検査員の立ち入りが認められます。
申請対象施設内での写真撮影は申請者の許可のうえでの対応となります。
検査員は、JAS法に定める認定の技術的基準等に示された要求事項について確認を行います。
また、申請書類の内容と実際の作業手順や管理状態等が整合しているかどうかを確認します。

検査員は検査した結果について検査報告書を作成します。不備、不足、改善事項が確認された場合は、改善すべき事項や必要な対応を是正指示書で通知、請求します。
申請者は、改善、対応をすみやかに行い、その結果を文書及び資料等にて報告しなければなりません。報告された結果が、適正と判断された段階で実地検査が完了したことになります。


3.判定

3−1 判定委員会の開催
実地検査が完了した後、申請書類及び書類審査の報告書、実地検査の報告書、是正措置指示書等、 認定の技術的基準等への適合状態の確認に必要な書類を判定委員会に回送します。
判定委員会は、書類審査及び実地検査を行った検査員以外のメンバーで構成され、適合性の評価の後、判定責任者により適否を判定します。

判定の合否については、判定結果通知により申請者に通知します。
また、否決の際はその理由も判定結果通知に示されます。判定結果に異議がある場合はその旨と認定の技術的基準等への適合性に関する説明及び資料を書面にして下記までお送り下さい。判定委員会において再審査を行います。
判定結果が適合の場合、後日、年次監査通知を交付します。

年次調査のフロー図
JAS認定 年次調査(年次監査)の手順 | 日本農林規格登録認定機関 ビューローベリタス


JAS認定 年次調査(年次監査)の手順〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 サステナビリティ認証部 JAS認証グループ
〒231-0023 横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
cersus.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4770 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

TEL:045-651-4770

お問い合わせフォーム

 

有機JAS認定かんたん見積り

ISO認証等のお見積り依頼

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

JAS認定書式

パンフレット・フライヤー

 

JAS講習会開催予定一覧

セミナー・トレーニング開催予定一覧

 

事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス