有機JAS認証

有機JAS規格を充たす有機食品にJASマークを貼付

有機JAS認証とは

有機JAS制度は、厳しい有機JAS規格を充たす有機食品かどうかを登録認証機関により認証された生産者等自らがJAS規格に適合しているか検査を行い、検査に合格したものにJASマークを貼付して販売する制度です。有機食品は、環境への負荷をできる限り減らした栽培方法から生まれます。
有機JASマークが貼付されていない農産物や農産物加工食品の名称に「有機」や「オーガニック」といった言葉を使用することは禁止されています。

有機JAS認証〜ビューローベリタスが選ばれる理由

安定した審査・調査品質
・経験豊富な審査員が実地調査を担当
・統一判断基準と情報共有に基づくブレのない審査・調査クオリティ
スピーディな審査・調査
・効率的な審査プロセスで迅速に審査〜認証を実施
調査日程は、申請者様のご要望に合わせて柔軟に対応します
リーズナブルな費用
・主要認証機関の中でもリーズナブルな価格
・施設数が多いほど価格メリットが大きくなります
充実したサポート体制
・個別講習会のリクエストに柔軟に対応
・個別講習会費用は参加者10名で5万円(配布資料代別)
信頼性と安定基盤
・ビューローベリタスは世界最大級の第三者検査・認証機関(世界140ヶ国のネットワーク)
・国内トップクラスの認証実績

有機JAS認証〜有機農産物

種まきや種付けの前2年以上の間、たい肥等による土作りをしたほ場において、化学合成された農薬や肥料を使用しないことを基本として生産された農産物です。お茶やお米、筍やアロエ等様々な農産物生産・取り扱い事業者を認証しています。

有機JAS認証〜有機畜産物

飼料は主に有機飼料・有機農産物を与え、抗生物質等を病気予防の目的以外に使用せず、ストレスのない野外等での飼育により生産された畜産物です。伸び伸びと育てた牛から搾られる有機牛乳生産・取り扱い事業者を認証しています。

有機JAS認証〜有機加工食品

原材料には、水と食塩を除いて95%以上が有機農産物・有機畜産物・有機加工食品を使用し、化学合成された食品添加物や薬剤を使用しないことを基本として生産された加工食品です。飲料や缶詰、調味料等の幅広い生産・取り扱い事業者を認証しています。

有機JAS認証〜有機飼料

有機農産物・有機畜産物(乳に限る)・有機加工食品を主な原材料とし、化学的に合成された飼料添加物や薬剤を使用しないことを基本として生産された飼料です。牧草やサイレージ、飼料用作物等が対象となり、飼料用作物の生産・取り扱い事業者を認証しています。

有機JAS認証 | 日本農林規格登録認証機関 ビューローベリタス 有機JAS認証 | 日本農林規格登録認証機関 ビューローベリタス

有機JAS認証〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 サステナビリティ認証部 JAS認証グループ
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
cersus.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4770 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

 

TEL:045-651-4770

お問い合わせフォーム

 

ISO認証等のお見積り依頼

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

JAS認証書式

パンフレット・フライヤー

 

JAS講習会開催予定一覧

セミナー・トレーニング開催予定一覧

 

事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス