JGAP/ASIAGAP認証

適切な農場管理と安全性が確保された農産物調達のために

GAP認証とは

Good Agricultural Practiceの頭文字で、直訳すると「良い農業のやり方」「適正農業規範」や「農業生産工程管理手法」などと訳されています。農産物生産の各段階で生産者が守るべき管理基準とその実践のことで、食の安全、環境保全型農業、労働安全などの視点から適切な農場管理のあり方についてまとめられたものです。

JGAP(ジェイギャップ)

数あるGAPの中でも日本で最も普及しているGAPのひとつです。日本の法律や生産環境、社会環境に合わせて基準が定められています。

ASIAGAP(アジアギャップ)

日本及びアジアの農場での適切な管理の実現のために構築された基準です。日本の生産環境に加え、世界に通用する食品安全規格としてGFSIベンチマーク要求事項を考慮して構築されています。

認定範囲
JGAP/ASIAGAP 農場用 管理点と適合基準 青果物
JGAP/ASIAGAP 農場用 管理点と適合基準 穀物
JGAP/ASIAGAP 農場用 管理点と適合基準 茶
JGAP/ASIAGAP 団体事務局用 管理点と適合基準

JGAP/ASIAGAP認証〜取得のメリット

生産者にとって
  • 食の安全の確保
  • 環境保全型農業の取組
  • 農業生産者の労働安全の確保
  • 販売管理体制の実現

これらを実践することができ、適切な農場管理が実現します。
また、第三者認証機関より審査・認証を受けることでバイヤーに信頼できる農場であることを客観的にアピールできます。

農産物バイヤー・消費者にとって
  • 一定の安全性が確保された農産物の調達が可能になります。仕入先の評価・選別・管理に活用できます。
  • 農産物の安全などに関する確認を独自に行う必要がなくなり、効率的な調達業務が実現できます。
  • 品質基準(味や外観)、栽培基準は自由に設定可能なので差別化された商品の調達とも両立可能です。

JGAP/ASIAGAP認証〜取得手順

取得手順

JGAP/ASIAGAP認証〜申請書類・申請の手引き

JGAP/ASIAGAP個別審査用申請書 MS word PDF 2018.10.31更新
JGAP/ASIAGAP団体審査用申請書 MS word PDF 2018.10.31更新
JGAP/ASIAGAP認証申請の手引き PDF 2018.10.31更新

必要事項を漏れなくご記入の上、原本を以下の宛先にご送付下さい。
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階
システム認証事業本部 サステナビリティ認証部 JAS認証グループ

JGAP/ASIAGAP認証〜見積依頼書

JGAP/ASIAGAP個別審査用見積依頼書 MS word PDF 2018.10.31更新
JGAP/ASIAGAP団体審査用見積依頼書 MS word PDF 2018.10.31更新
 

JGAP/ASIAGAP認証〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 サステナビリティ認証部 JAS認証グループ
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
cersus.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4770 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

 

TEL:045-651-4770

お問い合わせフォーム

 

JGAP/ASIAGAP個別/団体審査用見積もり用紙

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー「JGAP/ASIAGAP審査・認証機関」Ver.160726


パンフレット・フライヤー

 

JAS講習会開催予定一覧


セミナー・トレーニング開催予定一覧

 

農林水産省「農作業安全対策」


事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス