ライター検査(PSCマーク)

経済産業省登録機関としてライター適合性検査(PSCマーク)を行い
適合証明書を交付


ライター検査(PSCマーク) | 経済産業省登録機関 ビューローベリタス
ライター製品の火災等の事故や、子供のライターを使用した火遊びによる火災が多数発生しています。
欧米では、子供がライターを簡単に使えないようチャイルドレジスタンス機能に関する安全規制が既に導入されていますが、日本ではこのような規制が導入されていなかったため、2010(平成22)年12月27日より消費生活用製品安全法の特別特定製品としてライターの規制が開始されました。
「たばこ以外のものに点火する器具を含み、燃料の容器と構造上一体となっているものであって当該容器の全部又は一部にプラスチックを用いた家庭用のものに限る」ライター及び多目的ライター(点火棒)が規制対象となり、2011(平成23)年9月27日以降、技術基準を満たした証であるPSCマークを表示したもの以外は市場で販売できなくなります。
ビューローベリタスは経済産業省の国内登録検査機関(登録番号00016)として、規制対象となるライターの適合性検査を行い証明書を交付します。


ライター適合性検査(PSCマーク)とは〜ソリューション

・一号検査(ロット検査):
 ロットから抜き取られたサンプルを省令の技術基準に基づいて検査し、基準に適合した際、そのロットが
 合格となる検査です。
・二号検査(工場審査及び型式検査):
 工場の検査設備及び品質管理体制を、省令の技術基準に基づいて審査し、型式ごとのサンプルの検査も
 行う検査です。


ライター適合性検査(PSCマーク)〜ビューローベリタスが選ばれる理由

@英文資料受付可
 英語で記載されたライタースペックや工場プロセス等に関する申請添付資料を受け付けます。
 (申請書は日本語でのご提出をお願いします)
Aチャイルドパネル テスト結果受付可(規格EN13849)
BISO9994/ ISO22702対応可


ライター適合性検査(PSCマーク)〜証明書交付までの流れ

ライター検査(PSCマーク) | 経済産業省登録機関 ビューローベリタス


ライター適合性検査(PSCマーク)に関してよくある質問

Q: 規制の対象とならないライターはどんなものですか。
A: 以下のすべての条件を満たす製品は規制の対象からは除外されます。
@ライターの燃料が再充てん可能であること。
A出荷日から少なくとも5年間の安全な継続使用が確保されるよう設計・製造されるものであること。
B小売販売日から少なくとも2年間の保証書を提供すること。
Cライターの点火装置を含む主要な部品は、出荷日から少なくとも5年間の修理が可能なものであって、かつ安全に燃料が再充てん可能であること。なお、やむを得ない場合を除き、製品の交換による修理は含まないものとする。
D製造又は輸入の事業を行う者が日本国内に設置するアフターサービスセンター等でライター部品の交換及び修理が可能であること。
出典:経済産業省主催説明会資料より抜粋


ライター適合性検査(PSCマーク)〜お問い合わせ

2011年9月に経過措置終了、早めのご対応をお勧めします。お気軽にお問い合わせ下さい。
ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

TEL:045-651-4785

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

パンフレット・フライヤーをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

経済産業省登録検査機関としてライター検査業務(PSCマーク)を開始

事例紹介(認証取得事例)

 

関連サービス