規格解説
IATF16949:2016の発行について

自動車産業グループ プロダクトマネージャー
IATF16949 主任審査員 
長沼 利夫

2017/5/1up

■ IATF16949


IATF16949:2016の発行について | ISO認証機関 ビューローベリタス

2016年10月、ISO9001:2015を基準とした自動車産業向け品質マネジメントシステム規格として、IATF16949が発行されました。
従来のISO/TS16949に替わる、自動車産業品質マネジメントシステムを対象とする国際規格で、これにともない、現在も有効な規格であるISO/TS16949:2009は、2018年9月14日をもって失効します(9月14日までは有効)。

ISO/TS16949として1999年より版を重ねてきましたが、新たな規格では“ISO”という表記はなくなり、“IATF”という団体名になりました。IATFはISOと協力関係を保ちながら、独自に管理していくことになります。

規格の構成は、ISO9001:2015の各項目に追加要求事項を記載する形式となっています。IATF16949規格では、ISO9001:2015の要求事項は「ISO9001:2015参照」と記載され、追加要求事項のみ記載されています。英文で58ページあり、追加要求が従来のISO/TS16949における追加部分の量に比べて大幅に増えています。

IATF16949の追加部分は

  • 従来のISO/TS16949追加要求部分
  • SI(公式解釈)
  • IATFが2016年2月に発表した追加重点項目

が中心となって構成されています。
ISO9001:2015では、リスクという概念が導入され、予防に力点を置くようになりました。ISO/TS16949:2009では既に、

  • 契約前のリスク調査
  • 設計時のFMEA
  • 製造の工程管理
  • 予防保全

など、不具合発生前にリスクを削減、低減させる要求事項が含まれていました。これらはIATF16949でも要求事項として維持されています。

規格の目標とするゴールは、@継続的改善、A予防、Bばらつき低減、C無駄の排除と、ISO/TS16949:2009と変わっていません。しかし、追加要求事項を読むと、ISO/TS16949と比較して要求事項は広がり(新規要求もあり)、より細かく(わかりやすく)なっていると言えます。
たとえば、内部監査員に関する要求事項に関しては、ISO/TS16949では「内部監査員資格(8.2.2.5)」に組織は資格を持つ内部監査員をもつことが求められていましたが、IATF16949では、「内部監査員の力量(7.2.3)」という表現に変わり、具体的な力量が列記され、また、その力量維持についての要求事項が明記されています。

ISO/TS16949の審査員は、IATF16949の内容を含めて審査しており、審査員側からのアプローチや適合性判断に大きな変化はありませんが、口頭で説明する必要がなくなり、受審組織の理解が深まるものと思われます。

■ ISO/TS16949からIATF16949への移行方針

移行方針に関して、IATFより新たな文書が発行されました。 概要は、下記のとおりです。

2.1) ISO/TS16949:2009は、2018年9月14日より後、失効する。

2.2) 2017年10月1日以降、ISO/TS16949:2009の審査をすることはできない。

2.3) 移行審査のタイミングは、従来の審査サイクルのタイミング内で実施すること。

2.4) 審査工数は、更新審査工数を適用すること。認証有効期限は、認証決定日より3年-1日であること。(従来の期限と同じ)

2.5) ISO/TS16949からIATF16949へ移行する際、認証機関を変更することはできない。

2.6) ISO9001:2009からIATF16949への移行時、工数削減することはできない。ISO9001:2015からIATF16949への移行時、最大30%工数削減してもよい。

2016年4月に移行方針の概要が発表されましたが、条件が明確でない表現が多く、お客様からも審査計画をどのように考えるべきか?といった問い合わせを多くいただき、ビューローベリタス本社経由でIAOBに問い合わせていました。

8月の改定版が発行され、その際には条件が明確になりましたが、実質の移行期間が最大18ヶ月程度であり、審査機関側の審査員割り当て条件、審査工数などの問題があるため、ある程度緩和された移行条件となっています。

■ IATF 新ルール

2016年11月1日付でIATFルールが第4版から第5版に改訂されました。 IATF公式サイトでは第5版に対応したFAQも公開されています。
Rules 5th Edition Frequently Asked Questions (FAQs)(英語サイト)


 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス