株式会社味泉 FSSC22000認証取得

ビューローベリタスの日本国内におけるFSSC22000認証第一号

2011/4/14up


2011年3月22日付にて、株式会社味泉(代表取締役:湯浅ふさ子氏/本社:千葉県流山市)が、たれ及びソース類、味噌加工品、醤油加工品及び清涼飲料水の開発及び製造を対象に、FSSC22000認証を取得されました(認定機関:UKAS)。
ビューローベリタスの日本国内におけるFSSC22000認証第一号となります。

【認証概要】
認証取得組織 株式会社味泉 八千代工場
〒276-0047 千葉県八千代市吉橋1078
認証規格 FSSC22000:2010 (ISO22000:2005、PAS220:2008、
及びFSSC22000の追加要求事項を含む)
認証適用範囲 たれ及びソース類、味噌加工品、醤油加工品及び清涼飲料水の
開発及び製造
認証日 2011年3月22日 (有効期限2012年4月4日)
認証機関 ビューローベリタスジャパン株式会社


株式会社味泉 FSSC22000認証取得 | ISO認証機関 ビューローベリタス
【株式会社味泉の取り組み】
株式会社味泉は、顧客の要望に沿ったオリジナル液体調味料(たれ・ソース類)の開発・生産を専門に手がけています。代表取締役の湯浅ふさ子氏が率いる、女性主体で組織される味の研究開発部門が核となって、和・洋・中・エスニックなどあらゆる分野に対応し、外食チェーンやスーパー、コンビニエンスストア、冷食メーカーの製品に幅広く用いられています。
2003年にISO9001&HACCP認証、2006年にISO22000認証を取得し、「おいしさ」と「安全・安心」を両立させる独自の技術を確立しておられましたが、より高い安全性と透明性の向上を通して消費者に安心を届けるべく、業界に先駆けてFSSC22000認証取得に取り組むことを決定、コンサルタント支援を受けずに、手探りながら独自でシステムの構築を実現されました。


株式会社味泉 FSSC22000認証取得 | ISO認証機関 ビューローベリタス
【FSSC22000(Food Safety System Certification 22000)とは】
FSSC22000は、食品安全認証財団(The Foundation for Food Safety Certification)が開発・運営する、食品製造業者を対象とした認証スキームで、食品及び原材料の製造及び加工プロセスの審査・認証を目的としています。GFSI(The Global Food Safety Initiative:国際食品安全イニシアチブ)の評価・承認を受け、他のGFSI承認規格(BRC、IFSなど)と同レベルであり置き換えも可能とされています。
認証スキームを満たす上で、製造業者は以下の前提条件を考慮する必要があります。
・ISO22000:2005に準拠した食品安全マネジメントシステム
・BSI-PAS 220:2008の規定による前提条件プログラム
・追加要求事項:該当法規への適合、サービス業務(例:輸送や保守)に対する仕様、食品安全原則に適用される人員の監視

【食品安全マネジメントへの取り組みをサポート】
ビューローベリタスは、食品安全マネジメントシステムの先進地域である欧州で、認証機関のリーダーとして蓄積したノウハウを日本でも活かして、お客様の「食の安全」への取り組みをサポートしてまいりました。その証の1つとして、ISO22000(食品安全マネジメントシステムの国際規格)認証実績は、国内トップの73件(2010年12月末現在)に達しています。
今後も、食品関連業界の皆様に「経済価値につながる、リスク低減実現を支援するサービス」をお届けしてまいります。
・FSSC22000 食品安全システム認証 業務ご案内はこちら
 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス