ビューローベリタス、株式会社サクラテックにISO14001:2015(環境マネジメントシステム)の認証を実施

2016/11/28up


株式会社サクラテックにISO14001:2015(環境マネジメントシステム)の認証を実施 株式会社サクラテック(本社:福島県白河市)の2サイトを対象に、ISO14001の2015年版に基づく審査・認証を実施しました(認証登録日:2016年9月21日)。

1947年創業、「最高レベルのヒトづくりとモノづくりを目指す切削加工メーカー」として、金属部品加工及び自社製品、冶工具などの研究・設計を展開する同社は、医療機器、通信機器、宇宙防衛や半導体関連の金属部品の加工・開発を得意分野としています。

2004年の初回認証以来、長年に亘り環境マネジメントシステムの有効性の継続的改善に努め、今回、規格最新版に基づく認証の取得を果たしました。



品質保証部 ISO事務局の草野輝幸氏に、ISO14001:2015、及び2017年に予定されるISO9001:2015への移行についてお話を伺いました。

1. 品質及び環境活動のあらまし
毎年度末にマネジメントレビューを行ない、翌年度に向けて新たな品質及び環境目標を設定します。やや厳しい数値でないと意味を成しませんので、単年での完全達成はなかなか難しいですが、過去のパフォーマンスデータと比較すると継続的改善の成果が明らかに見えてきました。中長期的には品質及び環境の取り組みが非常に有効であることを確認できています。

2. 移行における苦労や、工夫したポイント
最終移行期限2018年9月までの審査完了が間に合わないため、予定を前倒しして2016年度にISO14001の、2017年度にISO9001の移行審査を受けることを決定しました。2016年2月に地元の財団法人主催のISO規格改定説明会に参加、さらに規格ポケット版を熟読して情報を整理した後、マニュアル改定作業を本格的に開始しました。
4月初めのマネジメントレビューはひとまず旧規格をベースに行ない、その後のマニュアル及び内部監査員のアップグレードを経てマネジメントレビューの追加、2015年版での内部監査を実施し、8月の移行審査を迎えました。

3. 移行を経て実感している効果・メリット
このように慌しい中でのアップグレードでしたが、弊社のマニュアルは品質と環境両方のマネジメントシステムを一体化した統合型ですので、ISO9001の2008年版に関わる部分についても章立ては最新版に合わせて組み直しました。そのため来年度に予定している品質マネジメントシステムのアップグレードはスムーズに進むのではないでしょうか。同時に、規格最新版の新しい要素(組織の課題、リスク及び機会等)にもすでに慣れ親しんでいますので、今後は全体的によりレベルアップした品質活動が期待できます。

4. 今後の課題や目標
品質及び環境活動はそのパフォーマンスの成果の達成・未達成だけがゴールではなく、それらを通じて事業活動の改善や最適化を図ることが最大の目的であると感じます。 今後は経営全般に関する改善ツールや、ストラテジ系の考え方も取り入れて、視野を拡げた活動を進めていきたいです。

5. ビューローベリタスを選んだ理由、期待 など
営業担当者の説明がわかりやすい点が第一の理由でした。 また、仮に新たな認証を取得する必要が生じた場合、ビューローベリタスなら選択幅が比較的大きいのでチャレンジしやすいかな、という点も理由に挙げられます。審査員も経験豊富な方が揃っていて、審査の際に未見の情報・知識を提供頂けるのがありがたいです。


株式会社サクラテック
--->>> 品質・環境方針


株式会社サクラテック 新白河第一工場(左)、新白河第二工場



ビューローベリタス 取り扱い業務
--->>> ISO9001 品質マネジメントシステム認証
--->>> ISO14001 環境マネジメントシステム認証



ISO9001/ISO14001認証〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
scssales.yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス