「食の安全・安心360°展2013」での講演抄
「米国FDA・食品安全強化法最新動向」がアイソス12月号に掲載

2013/11/13up


ISOの専門情報誌アイソス12月号(11月10日発売/株式会社システム規格社発行)に、去る10月17日開催された「食の安全・安心360°展2013」(主催:ビューローベリタス、共催:日本能率協会・日本認証サービス)での寺原事務所代表 寺原正紘氏による講演抄「米国FDA・食品安全強化法最新動向」が掲載されました。ぜひご覧下さい。


特集 食品安全と国際規格&監査
寺原正紘 講演抄「米国FDA・食品安全強化法最新動向」
“Beyond the HACCP”を目指す食品安全強化法の前面運用は2014年の翌年の施行開始見込み

講演者 寺原事務所代表 寺原正紘氏

・食品安全強化法では経口するほぼすべての食品が対象
・“Beyond the HACCP”までが対象領域へ
 @「食品安全計画」(第103条)、「野菜・果実安全基準」(第105条)に対する連邦規則
 A「試験所の認定制度の立ち上げ」(第202条)、「高リスク食品のトレーサビリティーの強化」(第204条)、
  「強制的リコール権限のFDAへの付与」(206条)について
 B「米国の食品輸入者に輸入食品の安全検証を義務づけ」(第301条)に対する連邦規則のドラフト公示
 C「第三者監査人の認定」(第307条)に対する連邦規則ドラフト
・食品安全強化法の今後の注目点−2014年から最も早ければ翌年にかけて本格運用へ

掲載:40〜43ページ


・ISO22000(食品安全マネジメントシステム認証) 業務ご案内
・FSSC22000(食品安全システム認証) 業務ご案内
 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス