ビューローベリタスジャパン株式会社 サプライチェーン向け監査・検査サービス
  • TEL:045-227-8140/平日9:00~17:30(土日祝休)
  • お見積依頼
  • お問い合わせ
  • RBA(電気・電子機器)
  • SMETA(食品・流通)
  • PSCI(製薬・医薬品)
  • RJC(宝飾)
  • LBMA(貴金属)
  • 食品安全監査(サプライヤ/OEM向け)
  • 食品安全監査(店舗向け)
  • 食品分析
  • カスタマイズ監査

食品安全監査(店舗向け)

グローバルでナショナルブランドを展開している組織では取り扱い店舗(以下、「店舗」)の食品安全に力をいれており、ブランド保護のため社内のマニュアルで運用手順を定めその運用状況を監視しています。店舗の安全監査が増加している背景は、

  • SNSで店舗の運用状況が一瞬で拡散するリスクをはらんでいること
  • アルバイトや社員として外国人労働者が増え、日本の常識や商習慣では説明できないことが起こりうること

が挙げられます。
そのためにマニュアルで明確化し、教育し、手順を順守することが大切になります。食品業界ではハザードの分析をして重要監視点を定め運用するHACCPが一般的に使用されるようになりました。

ビューローベリタスではグローバルで展開する多数の組織のナショナルブランドの食品安全店舗監査を実施しています。この監査手法はカスタマイズされることが多く、基本設計から詳細の設計を経て、監査のチェックリスト、成果物としてのレポートを提供します。審査頻度やフォローアップ対応などのスキームも策定します。

食品安全監査(店舗向け)の課題

  1. 対象の店舗が多く社内のリソースでは対応できない
  2. 内部監査では信頼が得られない
  3. ハードコピーベースの運用では収集と分析に時間差が生じ、タイムリーな対応ができない
  4. 店舗すべてを一律に監査するのは効率が良くない
  5. 監査を試験や検査と抱き合わせにしたい
  6. 法令への適合性を確認したい
  7. 独自ルールへの適合を確認したい。

社内リソースでは対応できない、信頼性が確保できないという理由で日本でもアウトソースする組織が見受けられるようになりました。今後は電子ツールを取り入れ社内でタイムリーに運用状況を把握し、その店舗の運用状況や運用レベルをリアルタイムで監視し効果的な監査をすることが増えてくることが推測されます。

組織にとってのメリット

食品安全店舗監査で運用を監視し、法令への適合も併せて確認することでブランドを保護することができ、投資家や利害関係者に説明責任を果たすことができます。ESG投資・SDGsの目標やゴールを達成し持続可能な体制を整えるため、さらには健全な店舗運営を証明するためにも有用です。

監査の流れ

食品安全監査の流れ

ビューローベリタスが選ばれる理由

ネットワーク
140ヶ国の拠点のうち85ヶ国で事業展開、ビューローベリタス各国が持つノウハウを共有
お客様が展開する国内外の事業ネットワークをカバー
審査・試験・検査
認証実績
10,000件以上の認証件数
高い専門性
専門訓練を受け、審査経験豊富な1,500人の審査員
国際的評価
FSSC22000・ISO22000・MSC・ASC・IFS・BRC・HACCP審査承認を取得
One sourceなどのデータベース
過去のデータを持ち、時系列・店舗間の比較が可能
緊密なパートナー関係を基盤とした貴社の成長に対する集中的な取り組み

食品安全監査(店舗向け)~お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 カスタマイズドサービス部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
csd_yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-227-8140 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

▲ PAGETOP