ビューローベリタスジャパン株式会社 サプライチェーン向け監査・検査サービス
  • TEL:045-227-8140/平日9:00~17:30(土日祝休)
  • お見積依頼
  • お問い合わせ
  • RBA(電気・電子機器)
  • SMETA(食品・流通)
  • PSCI(製薬・医薬品)
  • RJC(宝飾)
  • LBMA(貴金属)
  • 食品安全監査(サプライヤ/OEM向け)
  • 食品安全監査(店舗向け)
  • 食品分析
  • カスタマイズ監査

食品安全監査(サプライヤ/OEM向け)

食品安全は製造工場の食品安全マネジメントシステムの運用だけでは確保できません。
農場・漁場から輸送・流通・加工における生産の全工程を通して、調達材料・素材の食品安全が確保できて初めて”大丈夫”だといえます。さらにある組織が問題を起こした場合、その組織のみならず業界全体が苦境に立たされます。売上減となり、食品安全の信頼が揺らぎ、その回復には長い時間を要します。このようなことから、事前に食品安全管理体制を整える方が効果的であるとの理解で食品業界は食品安全のサプライチェーンマネジメントを進めています。
またサプライヤのグローバル化が進み、アジアや世界各地から材料が供給されることになります。入手経路も直接の購入から商社経由など非常に複雑で多岐にわたります。
そのため取引を開始する際のサプライヤ評価に加え、継続して食品安全を確認する必要が出てきました。直接訪問しての監査、抜き取りの試験・検査などさまざまな手法の組み合わせで実施されます。

これまで日本の組織は独自の基準でサプライヤ管理をしていましたが、グローバル基準で評価することが増えてきました。さらには東京オリンピックなどの調達基準も確立され、持続可能性・労働安全衛生への配慮も必要になってきました。

ビューローベリタスでは海外のサプライヤの監査・OEM製造工場の監査などを実施しています。この監査手法はカスタマイズされることが多く、基本設計から詳細の設計を経て、監査のチェックリスト、成果物としてのレポートを提供します。審査頻度やフォローアップ対応などのスキームも策定します。

食品安全監査(サプライヤ/OEM向け)の課題

  1. 対象がグローバルで地域的に広い
  2. 複雑で何層ものチェーンが存在するため管理体制が取りにくい
  3. 認証が少なく、グローバルの基準が運用されていない
  4. 経験に基づく運用が多く記録や文献などの根拠が明確にされていない
  5. 国によるばらつきが多い

組織にとってのメリット

社会的責任監査は業界でサプライチェーンを健全な状態に底上げし、環境・労働安全衛生・労働・倫理・マネジメントシステムに加え、貴社独自の要求事項に対するサプライチェーンの信頼性を確保する上で有効な手段です。ESG投資・SDGsの目標やゴールを達成し持続可能な体制を整えるため、さらには健全なサプライヤを識別するためにも有用です。

監査の流れ

食品安全監査の流れ

ビューローベリタスが選ばれる理由

ネットワーク
140ヶ国の拠点のうち85ヶ国で事業展開、ビューローベリタス各国が持つノウハウを共有
お客様が展開する国内外の事業ネットワークをカバー
審査・試験・検査
認証実績
10,000件以上の認証件数
高い専門性
専門訓練を受け、審査経験豊富な1,500人の審査員
国際的評価
FSSC22000・ISO22000・MSC・ASC・IFS・BRC・HACCP審査承認を取得
One sourceなどのデータベース
過去のデータを持ち、時系列・サプライヤ間の比較が可能
緊密なパートナー関係を基盤とした貴社の成長に対する集中的な取り組み

食品安全監査(サプライヤ/OEM向け)~お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 カスタマイズドサービス部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
csd_yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-227-8140 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

▲ PAGETOP