ビューローベリタスジャパン株式会社 サプライチェーン向け監査・検査サービス
  • TEL:045-227-8140/平日9:00~17:30(土日祝休)
  • お見積依頼
  • お問い合わせ
  • RBA(電気・電子機器)
  • SMETA(食品・流通)
  • PSCI(製薬・医薬品)
  • RJC(宝飾)
  • LBMA(貴金属)
  • 食品安全監査(サプライヤ/OEM向け)
  • 食品安全監査(店舗向け)
  • 食品分析
  • カスタマイズ監査

LBMA(貴金属)

ビジネスチャレンジ

金や銀などの貴金属のサプライチェーンは、歴史的に見ても複雑で様々な問題を孕んでいます。アフリカでは紛争地の武装組織の資金源になるなど、グローバルでのガバナンスとコンプライアンスの問題に取り組む必要があります。消費者や取引企業もより透明性の高い、倫理的にも責任ある調達を経た貴金属を求めています。企業のリスク管理の要である合法で倫理的な調達の担保が必須です。

LBMA (London Bullion Market Association) とは

LBMAは1987年にイングランド銀行により地金市場のアンブレラ組織として英国のロンドンに設立された、金および銀の市場を代表する業界団体です。市場の管理に留まらず、金と銀の責任ある調達のガイダンスを制定し、監査の管理をしています。LBMAのメンバー企業は140社を超え、日本の企業を含むさまざまなグローバル企業や組織から成ります。一例は田中貴金属工業、Sumitomo Corporation Global Commodities 社やMitsubishi Corporation International 社などです。

ソリューション

責任ある金のガイダンス(Responsible Gold Guidance=RGG)に準拠した監査を受けることにより、企業のリスク管理を一層強固なものにし、社員の意識向上や有効なシステムの構築、顧客要求事項にも合致することを可能にします。ビューローベリタスは、RGG監査の認定を受けた認証機関であり、経験豊富なエキスパート審査員が有効的な監査を実施します。

認証の特徴および取得のメリット

  • 日本のみならず、グローバルで通用する認証です。
  • マーケットへのアクセスを可能にします。
  • 責任ある金・銀の調達を客観的に証明することが可能です。
  • 社内のマネジメントシステムとも連動し、社内のコンプライアンスとガバナンスに寄与します。
  • 企業のCSRの強化。

LBMAガイダンスについて

2018年11月12日に責任ある金のガイダンス(Responsible Gold Guidance=RGG)の最新版であるv8が発行されました。前版から約1年ほどで改訂になっています。RGGは2010年採択の「OECD:紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス 金に関する補足書」及び「OECD金に関する補足書(同2012年)」を基に策定されました。

LBMAの金および銀の英語版ガイダンスはLBMAのウェブサイトから無料でダウンロードできます。規格以外にも責任ある調達の概要や、アプローチの仕方など有益な情報・文書が掲載されています。

LBMA RGGガイダンスのステップ

  1. マネジメントシステム構築
  2. サプライチェーンリスクの識別と評価
  3. 管理戦略の策定と実装
  4. デューデリジェンスに対して第三者監査の実施

ビューローベリタスが選ばれる理由

グローバルなネットワーク
・世界100ヶ国以上で認証事業を展開
・ビューローベリタス各国が持つノウハウを共有し、お客様が展開する国内外の事業ネットワークをカバー
豊富な認証実績
・国内3,000社/4,000件、世界100ヶ国で100,000件以上の認証実績
・1989年に日本でのISO認証業務を開始
国際的な評価
・LBMA認定監査機関

LBMA~お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 カスタマイズドサービス部
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル8階【MAP】
csd_yok@jp.bureauveritas.com
TEL:045-227-8140 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用ください。

▲ PAGETOP