国内統合市場の【試行排出量取引スキーム】の第三者検証機関として登録

2009/7/21up

ビューローベリタスジャパン株式会社は、2009年7月14日付で、試行排出量取引スキームの第三者検証機関として登録されました。
試行排出量取引スキームは、経済産業省、環境省、内閣官房が、共同で進めているスキームで、
今後日本の排出権の取引の中心になるスキームの試行的実施です。
ビューローベリタスは、本スキームにおける目標設定参加者(企業単体やグループ等)から報告される
CO2排出量に対して、第三者検証機関として検証を行います。
2008年度実績に対する検証は、2009年8月〜9月を予定しております。
(算定報告書・検証報告書の所管省庁への提出は9月末までが目途)

試行排出量取引スキームとは?
  試行排出量取引スキームは、政府が2008年10月に開始した「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」の
中心をなす仕組みです。 参加企業は自主的に排出削減目標を設定し、その達成を目指します。
目標達成のためには、自ら排出削減を実施するほか、排出枠・クレジットの取引を活用することも可能です。
参考:試行排出量取引スキームポータルサイト
   
 
       
サービス内容
  試行排出量取引スキームの参加企業が下記条件に該当する場合、排出量に対して第三者検証機関による
検証を受ける必要があります。
1) 自主行動計画参加企業であって、排出枠の売却を行う場合
2) 自主行動計画参加企業であって、検証を希望する場合
3) 自主行動計画非参加企業の場合
ビューローベリタスは、第三者検証機関として参加企業の排出量検証を行います。
       

お問い合わせ
  ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
scssales.yok@bureauveritas.com
横浜本社 TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
       
  *GHG・省エネ・CSR サービス一覧・実績等はこちら

 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス