東京都で温室効果ガス排出量削減の義務付けが開始

2010/4/2up

東京都排出量取引制度 | 登録検証機関 ビューローベリタス
2010年4月1日の改正環境確保条例の施行に伴い、東京都では地球温暖化対策として、大規模ビルや工場などを対象に、温室効果ガス排出量の削減が義務付けられました。



東京都/温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度とは

2008年度の東京都の条例改正において、既存の地球温暖化対策計画書制度が強化され、温室効果ガスの排出総量削減義務と排出量取引制度が導入されることになりました。この制度においては、対象事業所 (燃料・熱・電気の使用量が、原油換算で1,500kl以上の都内事業所)が都へ自らの温室効果ガス排出量を報告するにあたって、検証機関の検証を受けることが必須となります。

ビューローベリタスは、東京都の登録を受けた検証機関(登録番号2)として、対象事業所における「基準排出量の検証」、削減計画期間における各年度排出量の検証」を行っておりますので、ぜひご利用下さい。
・「東京都排出量取引制度」検証業務ご案内・お見積りご依頼はこちら
・東京都環境局ホームページはこちら


個別相談会及びセミナー開催〜東京都/温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度 検証業務

ビューローベリタスでは、当制度に関する個別相談会及びセミナーを開催してまいります。
セミナーでは本制度における検証業務の進め方やポイントについてご説明いたします。
また、個別相談会では、弊社検証員が、検証業務に関するご質問やご相談に対応いたします。
・セミナー(終了しました)
個別相談会については、下記の地球環境部までメールまたは電話にてお問い合わせ下さい


お問い合わせ〜東京都/温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度 検証業務

ビューローベリタスジャパン株式会社
ctc_ivs@bureauveritas.com
東京新橋事務所 TEL:03-5425-4860  FAX:03-3438-3410

 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス