民間主導で進むカーボンフットプリントに対する取り組み

2012/9/10up

カーボンフットプリント(CFP)とは、Carbon Footprint of Productsの略称で、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガス排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組みのことです。LCA(ライフサイクルアセスメント)手法を活用し、環境負荷を定量的に算定します。

経済産業省等主導で、2009年から2011年にかけて「カーボンフットプリント(CFP)制度試行事業」が実施され、73件のPCRの認定及び約460製品のCFPが登録されました。そして、この知見を踏まえ、2012年4月より社団法人産業環境管理協会(JEMAI)によるCFPコミュニケーションプログラム (新CFPプログラム)の運用が開始されました。

CFPを表示するためには、まず、算定ルールである「商品種別算定基準(PCR:Product Category Rule)」を定める必要があります。このPCRに基づいてCFPを算定した後、第三者検証を受けて、算定結果の妥当性が確認された製品に対してのみCFPマークの使用が認められます。

(*1)出典:「カーボンフットプリント制度試行事業 総括シンポジウム」資料(2012年年2月)
 
民間主導で進むカーボンフットプリントに対する取り組み
CFP登録製品の種別 (*1)

新CFPプログラムには、試行事業と同様にCFP宣言の客観性を評価する仕組みとして、個品別検証方式とシステム認証方式の二つの方式の第三者検証が用意されています。
個品別検証方式とは製品(商品及びサービス)ごとに第三者検証を行う方式であり、システム認証方式とは組織内部にCFPを算定し、検証し、登録・公開申請を行うシステムを構築し、それを第三者機関が認証することで、個別のCFP検証の手続きを経ることなくCFP登録・公開申請ができる方式です。
特に、多数の製品にCFPを表示する場合、「システム認証方式」を選択したほうが少ないコストで対応でき、また、CFPの算定・検証・公開を 短期間でタイムリーに実施することができます。

・個品別検証方式の流れ
・システム認証方式の流れ

また、新CFPプログラムでは試行事業の成果を踏まえて、CFP検証申請からCFPマーク取得までを、よりスムースに、そしてスピードアップ出来るよう、手順の変更が行われています。

世界では、2011年10月にWRI/WBCSDによるProduct Life Cycle Accounting and Reporting Standard(GHG Protocol)改訂版が発行された他、CFPに関するISO規格であるISO14067が現在DIS段階で検討中です。
また、欧州委員会(EC)の環境総局は、LCAを生かした持続可能な製品の消費・製造の評価基準・方法論を開発する政策として、2011年3月から、温室効果ガス以外の指標も考慮した「製品の環境フットプリント」に関する方法論の開発を開始しています。現在「製品の環境フットプリント」について、指針ドラフト「Draft Product Environmental Footprint General Guide」が公表されています。
EUでは、行政機関の調達要件として、ライフサイクル環境影響評価の義務化なども検討されており、今後、製品のCFPやLCAは、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量を定量的に把握し、効果的な削減対策を促進するためのツールとして、存在感を強めていくものと思われます。

ビューローベリタスは、現在、新CFPプログラムにおける「システム認証機関」として登録準備中です。JEMAIによる審査完了・登録の後に、「システム認証方式」の審査・認証活動を開始できる見込みです。
また、システム認証サービス開始前ではありますが、システム認証に関する個別相談会を、随時開催しております。特にCFPプログラムにおいてシステム認証を計画・検討されているお客様を対象として、質問・疑問に個別に対応します。
CFPシステム認証、CFP-PCR(商品種別算定基準)認定やCFP検証等について関心をお持ちの方、ご相談がある方はぜひご参加下さい。

※CFP制度の詳細については、CFPプログラムのウェブサイトをご参照下さい。


ビューローベリタスはこれらの展開を注視し、これからも皆様に最新情報をお届けしてまいります。
・GHG(温室効果ガス排出量検証)・省エネ・CSR 業務ご案内はこちら
 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス