「二者監査の位置づけと効果的な監査体制の構築について〜V-CAPの活用〜」が
月刊HACCP10月号に掲載(社員執筆記事)

2012/9/25up


食の安全と品質保証のための月刊「HACCP」10月号(9月21日発売/株式会社 鶏卵肉情報センター発行)に、
日本能率協会(JMA)とビューローベリタスによる二者監査サービス「V-CAP」を紹介する社員執筆記事、
「V-CAP」開始記念特別セミナー開催(大阪)のご案内、及びビューローベリタスが審査・認証を担当した
お客様の取り組みを紹介する記事などが掲載されました。
ぜひご覧下さい。


特集 グローバルスタンダードへの対応急ぐ日本の食品業界

【執筆記事(31〜35ページ)】
二者監査の位置づけと効果的な監査体制の構築について〜V-CAPの活用〜
ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部
執行役員 製品開発部長 中川将征
1.監査制度の歴史と背景
2.第三者制度の成長とその限界
3.第三者機関による二者監査代行の考え方
4.実効性のある二者監査の実現のために
5.食品業界の特徴
6.まとめ

【広告(36ページ)】
二者監査 新サービス V-CAP 開始記念特別セミナーを開催(大阪)
食品業界におけるサプライチェーン/バリューチェーンマネジメントの潮流
〜強化される安全管理〜

【記事(54〜56ページ)】
特別アンケート
ISO審査登録機関から視た
ISO22000・GFSI承認規格の運用面での課題


【記事(73〜80ページ)】
伸びる企業の安全確保・品質管理
フレンチ厨房におけるISO22000ならびにISO/TS22002-1の導入
〜バリデーションを繰り返し、「職人の世界」でHACCP管理を実現〜
* ビューローベリタスがISO審査を実施、認証書を発行したお客様
 株式会社シェ・ケン(千葉県)の紹介記事


 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス