ISO9001:2015〜改訂の方向性

品質マネジメントシステム(QMS:Quality Management System)国際規格の改訂動向

2013/7/26up


ISO9001:2015〜改訂の方向性 |  ISO認証機関 ビューローベリタス
2015年の発行に向けて、ISO9001の改訂作業が、ISO(国際標準化機構)の専門委員会であるTC176により進められています。
この改訂は、2008年の改訂よりも大規模なものになる予定です。作業は開始されたばかりであり、今後、さらに改訂案への変更が加えられる予定ですが、現在の方向性について概要をお伝えします。




ISO9001:2015〜規格改訂スケジュール

ステップ
番号
名称(日) 名称(英) 備考
1) NWIP (New Work Item Proposal) 新業務項目提案 2012年3月:MWIP作成
2) WD (Working Draft) 作業原案 2012年11月:WD作成
3) CD (Committee Draft) 委員会原案 2013年6月:CD投票
現在の段階
4) DIS (Draft International Standard) 国際規格原案 2014年5月:DIS投票
5) FDIS (Final Draft International Standard) 最終国際規格原案 2015年7月:FDIS投票
6) IS (International Standard) 国際規格 2015年9月:IS発行予定


ISO9001:2015〜規格改訂版の方向性・特徴

(1)Annex SL(ISOマネジメントシステム規格の共通要求事項が記述された附属書SL)に準拠した形での開発

(2)スコープは、規格の設計仕様書に示されている通りとし、2008年度版からの変更無し
・QMSの目的は、「製品の顧客要求事項への適合」と「顧客満足」のまま

(3)サービス分野を含む全事業分野への適用を意識
・ハードウエア的製品を強く連想させるような記述の解消を図っている

(4)Annex SLの流れに基づき、用語「リスク」が登場
・「risk based thinking」を基本的な考え方として採用
・QMS構築及び運用におけるリスクの考慮を要求

(5)プロセスアプローチの適用を要求

(6)「文書」用語の統一
・Annex SLでの統一用語「documented information」を踏襲


ISO9001:2015改訂の方向性に関するより詳しい記事を、
ニュースレター【BUSINESS VISION】8月12日発刊号
に掲載予定です。ぜひご覧下さい。


ビューローベリタスでは、規格・認証取得に関する様々なお問い合わせ・ご相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
また、ウェブサイト、セミナー、トレーニングを通して、業界や規格の最新情報の発信に努めてまいりますので、こちらもご利用下さい。
・システム認証事業本部ウェブサイト TOPページ「最新ニュース」
・セミナー・トレーニング開催予定一覧
・トレーニングサービス 概要
・ニュースレター【BUSINESS VISION】


・ISO9001 品質マネジメントシステム認証 業務ご案内


ISO9001認証〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
scssales.yok@bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。
 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス