「食の安全・安心360°展2013」での講演要旨
「FSSC22000認証取得を震災復興の契機に−
〜石巻市・高徳海産における食品安全確保の取り組み〜」が月刊HACCP12月号に掲載

2013/12/2up


食の安全と品質保証のための情報誌、月刊HACCP12月号(12月1日発売/鶏卵肉情報センター発行)に、去る10月17日開催された「食の安全・安心360°展2013」(主催:ビューローベリタス、共催:日本能率協会・日本認証サービス)で、株式会社高徳海産 古川哲也氏が行った講演を詳しく紹介する記事が掲載されました。ぜひご覧下さい。


特集 国際化社会で求められる品質管理・品質保証を考える
〜ISO/IEC 17025、微生物検査、監視・測定の精度管理〜

FSSC22000認証取得を震災復興の契機に−
〜石巻市・高徳海産における食品安全確保の取り組み〜

講演者 株式会社高徳海産 常務取締役 品質管理部部長 古川哲也氏

・被災から8ヵ月後に工場復興
・FSSC22000の構築の経緯
 社内で実施可能な検査項目
 前提条件プログラム(PRP)の認定
 特定原材料のコンタミの確認
 洗浄・消毒プログラムの有効性確認
 輸送車両の温度確認
 根拠データ作り
 FSSC22000の運用に際して活用している記録一覧
 内部監査
 外部の工場調査の活用
・「普段行っている作業」を変化させずにマニュアル化する
・FSSC22000の導入効果
・おわりに

掲載:29〜35ページ


・株式会社高徳海産にFSSC22000認証書を発行(2013/8/8)
・FSSC22000(食品安全システム認証)業務ご案内
・ISO22000(食品安全マネジメントシステム認証)業務ご案内
 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス