ISO9001/ISO14001規格改訂〜FDISからISへの改訂点/改訂版の特徴/移行ポイント

2015/10/7up

ISO9001/ISO14001規格改訂 | ビューローベリタス
2015年9月15日にISO9001:2015規格とISO14001:2015規格が同時発行されました。
旧規格となったISO9001:2008とISO14001:2004の有効期限は2018年9月14日(3年間)です。現在ISO9001:2008とISO14001:2004の認証を受けている組織は、2018年9月14日までに2015年版への移行を完了する必要があります。


ISO9001:2015〜FDIS(最終国際規格原案)からIS(国際規格)への改訂点
箇条5.2.1の表題が「品質方針の策定(developing)」から「品質方針の確立(establishing)」に変更されました。
箇条8.1「運用の計画及び管理」のe)項で要求している”文書化した情報”が”保管(keeping)”から”維持及び保持(maintaining and retaining)”に変更されました。また、注記による保管(keeping)の説明がなくなりました。
箇条8.2.2の表題が「製品及びサービスに関連する要求事項の決定(determining the requirements related to products and services)」から「製品及びサービスに関する要求事項の決定(determining the requirements for products and services)」に変更されました。
箇条8.2.3の表題が「製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー(review of requirements related to products and services)」から「製品及びサービスに関する要求事項のレビュー(review of requirements for products and services)」に変更されました。
箇条8.2.3.1の注記の中で、レビュー対象の例から”広告用材料(advertising material)”が削除されました。


ISO14001:2015〜FDIS(最終国際規格原案)からIS(国際規格)への改訂点
用語の定義の箇条3.1.6「利害関係者」で、例(Example)と注記(Note)の順序が入れ替わりました。
箇条4.3「環境マネジメントシステムの適用範囲の決定」のc)項の”組織の単位(unit(s))、機能(function(s))”の原文が”units, functions”となりました。

以上のように、FDISからISへは編集上(editorial)の変更が主であり、技術的な要求事項の変更はありません。


改訂版の特徴/マネジメントシステム有効性改善におけるメリット
2015年版のISO9001とISO14001の大きな特徴として、ISO規格の共通テンプレートである附属書SL(Annex SL)に基づいて改訂されたことが挙げられます。
両規格とも附属書SLに定められたハイレベルストラクチャー(HLS)を使用して規格を構成しているので、規格の基本的な章立て(目次)は同じになりました。
また、附属書SLに定められた共通用語、共通テキストを使用することによって、共通の理解が促進されます。
2015年版の改訂によって、複数のマネジメントシステムの統合は、飛躍的に容易になるでしょう。


移行のポイント・審査で重視すること
箇条4.1の「組織及びその状況の理解」のアウトプットである「課題」と箇条4.2の「利害関係者のニーズ及び期待の理解」のアウトプットである「要求事項」を考慮して、箇条6.1の「リスク及び機会への取り組み」で計画を策定する、というプロセスは従来のISO9001とISO14001には無かった要求事項です。
移行の際には、ギャップ分析等で新規の要求事項に対してどのように対処するか(または、対処しているか)を明確にする必要があります。
また、箇条5の「リーダーシップ」にある、組織の事業プロセスへのマネジメントシステムの統合も重要なポイントとなります。
審査では、トップインタビューや計画、目標管理、パフォーマンス評価等の状況を通して、2015年版の要求事項の変化点を確認していきます。

*************************************************************************************************************************

ISO9001/ISO14001規格改訂 | ビューローベリタス
ビューローベリタスでは、規格・認証取得に関する様々なお問い合わせ・ご相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
また、ウェブサイト、セミナー、トレーニングを通して、業界や規格の最新情報の発信に努めてまいりますので、併せてご利用下さい。

・システム認証事業本部ウェブサイト TOPページ「最新ニュース」
・セミナー・トレーニング開催予定一覧
・トレーニングサービス 概要
・ニュースレター【BUSINESS VISION】(偶数月10日発行)
お客様専用ウェブサイト(「ISO9001/ISO14001 2015年規格改訂情報 特設サイト」含む *コンテンツの閲覧にはログインが必要)

・ISO9001 品質マネジメントシステム認証 業務ご案内
・ISO14001 環境マネジメントシステム認証 業務ご案内


ISO9001/ISO14001認証〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 営業部
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1 シルクビル2F【MAP】
scssales.yok@bureauveritas.com
TEL:045-651-4785 FAX:045-641-4330
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

お問い合わせフォーム

 

お見積り依頼はこちらから

 

認証機関の変更をご検討ですか

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス